部門表彰

部門表彰は学術的・技術的に優れた業績、SI部門講演会やロボティクスシンポジアにおいて優秀と認められた論文および学会運営・学術講演会運営に貢献のあった委員に対して、公募(自薦、他薦)を行いSI部門表彰委員会による審査を経て選ばれた受賞者に対してシステムインテグレーション(SI)部門賞として賞を授与するものです。
学術業績賞、技術業績賞、研究奨励賞、若手奨励賞、功績賞、貢献表彰があり、毎年SI部門講演会にて賞が授与されます。

表彰規定

表彰規定は下記のファイルをご参照ください。
SI部門表彰規定

2018年度部門表彰

部門賞選考経過について

本年度のシステムインテグレーション(SI)部門賞各賞(学術業績賞,技術業績賞,研究奨励賞,若手奨励賞,功績賞)につきまして,自薦,他薦による公募を行いました.このうち研究奨励賞と若手奨励賞は,SI2017の実行委員会および共催講演会である第23回ロボティクスシンポジア実行委員会にも推薦をお願いしました.また,貢献表彰は,部門主催の講演会などの運営で貢献した個人を対象としました.各賞の候補者について,SI部門表彰委員会において慎重に審議を行った結果,最終的に以下の方々を本年度の受賞者として選定し,SI部門運営委員会に報告しました.

計測自動制御学会システムインテグレーション部門 表彰委員会 委員長 野田哲男

受賞者

  1. 学術業績賞(1件):
    1. 鈴森康一(東京工業大学)
      「ソフトロボティクス分野の牽引」
  2. 部門技術業績賞(1件):
    1. 株式会社アールティ
      「ロボットのいるくらしに向けた技術・商品の開発・普及と学会・教育への貢献」
  3. 部門功績賞(2件)
    1. 稲垣克彦(東海大学)
      「システムインテグレーション部門講演会オンライン投稿システムの長年にわたる運営に対する功績」
    2. 神田真司((株)富士通研究所)
      「部門運営ならびにロボティクスやIoT関連技術の実践によるSI部門発展への功績」
  4. 研究奨励賞(2件):
    1. 山本孝信(大阪大学),杉浦知道(大阪大学)
      「Capture Regionに基づく二脚ロボットの踏み出し位置修正による転倒防止」
      (SI2017にて発表)
    2. 山中俊郎(名古屋大学),新井史人(名古屋大学)
      「バイオ燃料を利用した自己推進マイクロスイマー」
      (第23回ロボティクスシンポジアにて発表)
  5. 部門若手奨励賞(5件)
    1. 安倍祐一(東北大学)
      「2軸農道空気噴射ノズルを持つ索状体の浮上制御方法の提案」
      (SI2017にて発表)
    2. 志垣俊介(東京工業大学)
      「カイコガの匂い源探索中の視覚情報による行動修飾の解析」
      (SI2017にて発表)
    3. 前田孝雄(中央大学)
      「降下地点表面での非対称なエネルギ散逸を用いた飛翔体の着陸時転倒抑制」
      (SI2017にて発表)
    4. 宮本悠二(東京工業大学)
      「自励振動を誘発する柔軟小型バルブ:電気不要の移動ロボットを目指して」
      (SI2017にて発表)
    5. 橋本光太郎
      「歩容改善のための体幹・骨盤運動補助による歩行アシスト」
      (第23回ロボティクスシンポジアにて発表)
  6. 貢献表彰(3件)
    1. 平田泰久(東北大学)
      「SI2017実行委員長として貢献」
    2. 和田一義(首都大学東京)
      「SI2017プログラム委員長として貢献」
    3. Ren C. Luo(National Taiwan University, Taiwan)
      「SII2017実行委員長として貢献」
    4. Hajime Asama(The University of Tokyo, Japan)
      「SII2017プログラム委員長として貢献」
    5. 相山康道(筑波大学)
      「第23回ロボティクスシンポジア実行委員長として貢献」
    6. 長谷川忠大(芝浦工業大学)
      「第23回ロボティクスシンポジアプログラム委員長として貢献

過去の部門表彰