2009年度部門賞

部門賞選考経過について本年度のシステムインテグレーション(SI)部門賞の表彰推薦は, 各賞(学術業績賞、技術業績賞、研究奨励賞、若手奨励賞、功績賞)の推薦をSI部門運営委員会委員や各部会委員にお願いするとともに、 SI部門ホームページ上にて公募(自薦,他薦)致しました。 また、研究奨励賞と若手奨励賞につきましては、SI2008の実行委員会および共催講演会である第14回ロボティクスシンポジアの実行委員会にも推薦をお願いいたしました。 SI部門表彰委員会にて、慎重に審議を行いました結果、最終的に以下の方を本年度の部門賞として選定し、SI部門運営委員会に報告させていただきました。

SI部門表彰委員会 委員長
神徳 徹雄

(1) 部門学術業績賞(1件):
出口 光一郎(東北大学)
『コンピュータビジョン,画像計測,並列コンピュータの研究』

(2) 部門技術業績賞(1件):
福島 E. 文彦(東京工業大学)
『ロボット用モータードライバ TITech Driver開発』

(3) 部門研究奨励賞(2件):
(3-1) 田中 由浩,藤本 英雄(名古屋工業大学)
『弾性介在物による触覚センサの感度強化と微小凹検出への応用』
(2008年SI部門大会にて発表)

(3-2) 村井 昭彦(Disney Research,発表時:東京大学),黒崎 浩介(東京大学),山根 克(Disney Research),中村 仁彦(東京大学)
『モーションキャプチャ,EMG,筋の動特性モデルに基づく筋張力のリアルタイム推定及び可視化』
(第14回ロボティクスシンポジアにて発表)

(4) 部門若手奨励賞(5件):
(4-1) 東森 充(大阪大学)
『医療診断に向けた非侵襲心臓硬さセンシング』
(2008年SI部門大会にて発表)

(4-2) 村崎 和彦(東京大学)
『ボクセルベースモーションキャプチャのためのグラフカットに基づく人領域抽出』
(2008年SI部門大会にて発表)

(4-3) 打田 正樹(福井工業大学)
『マスタスレーブマニピュレータによる柔軟物搬送のための操作支援制御と性能評価』
(2008年SI部門大会にて発表)

(4-4)  高嶋 淳(東京工業大学)
『昆虫の微小脳を用いた脳‐機械融合系の構築』
(第14回ロボティクスシンポジアにて発表)

(4-5)  森上 雄太(広島大学)
『単眼でステレオ計測を実現する視点変換アイリス』
(第14回ロボティクスシンポジアにて発表)

(5) 部門功績賞(1件):
(5-1) 油田 信一(筑波大学)
『実環境でのロボット走行実験環境(つくばチャレンジ)提供によるシステムインテグレーション技術向上への功績』

(6) 貢献表彰(2件):
(6-1) 佐々木 実(岐阜大学),森田 良文(名古屋工業大学)
『SI2008に実行委員長およびプログラム委員長として貢献』

(6-2) 田中 孝之(北海道大学)
『SI2006にプログラム委員長として,第14回ロボティクスシンポジアに実行委員長として貢献』