RTシステムインテグレーション

RTシステムインテグレーション部会 [新設 2003. – ]

設立趣意:

ロボット技術は新しい社会到来の夢を語る技術の一つとして,また,20世紀後半を特徴づける新しい技術として着目されてきた.今日,ロボットを形作る多くの要素技術,すなわちRT(Robot Technology)は幅広い分野で適用され,新機能の機械,システムを支える基盤技術として欠くことのできないものとなっている.しかし,一方で ロボット,ロボットシステムが社会全体で活躍,認知されるには一層の新しい取り組みが必要とされるともに,より広範な観点でのロボット技術の研究開発,応用支援も必要とされている.
本部会では,ロボット技術の持つシステム性に着目し,ロボット技術を基盤とするRTシステムインテグレーションあり方を検討しながら,あわせて,RTが先導すべきインフラや生活支援システム等の提言と普及策を提言する.また,産学官の連携による研究開発すべきRTシステムを提言することを目的とする.

体制

  • 主査:大原賢一 (名城大学)
  • 副査:植木美和 (富士通)
  • 幹事:佐々木毅 (芝浦工業大学)