2013年度部門賞

2013年度部門賞

部門賞選考経過について

本年度のシステムインテグレーション(SI)部門賞の表彰推薦は、各賞(学術業績賞、技術業績賞、研究奨励賞、功績賞)の推薦をSI部門メーリングリストおよびSI部門ホームページ上にて公募(自薦、他薦)致しました。また、研究奨励賞と若手奨励賞につきましては、SI2012の実行委員会および共催講演会である第18回ロボティクスシンポジアの実行委員会にも推薦をお願いいたしました。SI部門表彰委員会にて、慎重に審議を行いました結果、最終的に下記の方々を本年度の部門賞受賞者として選定し、SI部門運営委員会に報告させていただきました。

SI部門表彰委員会 委員長 中内 靖

受賞者

  1. 部門学術業績賞(1件):
    安積欣志(産業技術総合研究所)
    『高分子アクチュエータの開発と応用研究への貢献』
  2. 部門技術業績賞(1件):
    カトーテック株式会社
    『触感センサ開発とその産業化』
  3. 部門研究奨励賞(2件):
    1. 岡本正吾(名古屋大学),山田陽滋(名古屋大学)
      『ハプティック・インタフェースの新しい評価手法: 多次元知覚空間で実刺激と仮想刺激を捉える手法』
      (2012年SI部門大会にて発表)
    2. 神永拓(東京大学),安藤雄太*(東京大学),大月智史(東京大学),小田中浩平(任天堂株式会社),中村仁彦(東京大学)
      『出力軸トルクセンサを用いたバックドライバブル静油圧アクチュエータの力感応制御』
      (第18回ロボティクスシンポジアにて発表)
  4. 部門若手奨励賞(5件):
    1. 鈴木太郎(東京海洋大学)
      『GNSS 信号強度を用いた都市環境における自己位置推定』
      (第18回ロボティクスシンポジアにて発表)
    2. 原祥尭(筑波大学)
      『最大事後確率推定により過信を防いだ Point Cloud マッチングによる自己位置推定』
      (2012年SI部門大会にて発表)
    3. 畑尾直孝(JST CREST/産総研)
      『リサジュー走査型3D LRFを用いた歩行者の追跡と形状復元』
      (2012年SI部門大会にて発表)
    4. 木村大毅(東京工業大学)
      『ネットから学習し未知物体を推定する超高速マルチモーダル・オンライン転移学習-ヒューマノイド・ロボットによる有効性の実証-』
      (第18回ロボティクスシンポジアにて発表)
    5. 鮫島一平(産総研/東京理科大/CREST)
      『日本科学未来館におけるサービスロボットのための人環境情報地図の構築』
      (第18回ロボティクスシンポジアにて発表)
  5. 部門功績賞(1件):
    該当なし
  6. 貢献表彰(5件):
    1. 山本元司(九州大学)
      『SI2012に実行委員長として貢献』
    2. 木口量夫(九州大学)
      『SII2012に実行委員長、SI2012にプログラム委員長として貢献』
    3. 中内靖(筑波大学)
      『SII2012にプログラム委員長として貢献』
    4. 妻木勇一(山形大学)
      『第18回ロボティクスシンポジアに実行委員長として貢献』
    5. 岡田 昌史 (東京工業大学)
      『第18回ロボティクスシンポジアにプログラム委員長として貢献』

*:非会員のため、表彰対象外