各種書式

各部会・研究調査会用の書式

行事を企画する場合

以下の書類をSICE事務局および部門幹事に提出して下さい。

  • 行事開催前:事業収支予算書(予算決算フォーム)
  • 行事終了後:事業収支決算書(予算決算フォーム)および終了報告書
    ※但し、予算決算が不要な行事の場合は、行事終了後に終了報告書のみ提出して下さい。
  • 事業収支予算書(予算決算フォーム):  [Download]
  • 終了報告書:  [Download]

講師謝金を振り込む場合

振込先記入用紙と講演者のお名前の記載があるプログラム等を提出してください。

立替払いが発生した場合

立替金を清算するために、立替払い申請書に領収書を添えて学会事務局の部門協議会担当まで送付してください。
領収書の宛先は、部門や部会などの細かい名前でなく計測自動制御学会宛で構いません。

  • 立替払い申請書: [Download]
  • アルバイト代を立替えた場合の領収書: [Download]
  • 講演費、旅費を立替えた場合の領収書: [Download]

仮払いが必要となる場合

部門講演会、シンポジウムなど金額が大きくなって立替払いで処理できない行事では、仮払い精算(事前振込)を利用することができます。

イベント案内を会告に掲載するための書式

 費用削減と情報を分かりやすくすることを目的として統一性のある会告書式が策定されました.以下のファイルを編集して,発行月の前月初日には届いているように学会事務局部門担当( bumon@sice.or.jp )宛てにファイル添付でメールしてください.

  • 部門主催講演募集フォーマット: [Download]
  • 部門主催講演会フォーマット(プログラム有): [Download]
  • 部門主催参加募集(講演会)フォーマット :[Download]

書籍などの出版

  • 書籍等の出版企画書および収支概要書: [Download]

年度末の更新手続き

各研究会や調査研究会の主査は、年度末に活動報告・活動計画書、および次年度の名簿を提出してください。
なお,名簿は部門・部会の運営委員の名簿であり、部門運営委員会や協議会に提出されます。また、委嘱状の作成依頼にも使用されます。

委員会出席に関する旅費

  • SI部門旅費・謝金の運用に関する内規(2014.12.20):[Download]
  • 出張届旅費申請書: [Download]

マニュアル

  • SI部門へ依頼される共催・協賛などの対応について: [Download]
  • SICE本体の協賛・後援を得るための手続き: [Download]
  • 部会および研究会設置(継続)趣意書(電子メール書式): [Download]

各種規定

更新情報

  • 2015.9.5: HPを移行いたしました.